株式会社エーディエフ トップへ
  • 設計用情報

当社の「ルーム」は完成品で納品いたしますが、
分解・組み立てが簡単なので設置後の移設も容易です。
ルームの組立てポイント
※ルームは電動ドライバー1本で組み立てる事ができる構造になっております。
様々な用途に対応できる様になっているのでお客様のアイデア次第で色々な空間を創って頂けます。
移設(設置場所やスペースの変更)など簡単にして頂けるので何度も使いまわして頂けます。

ここでは、基本的なルームの組立ポイントをご紹介させて頂きます。

※写真をクリックして頂くと拡大します。

(1)設置場所の確認をする

設置場所に設置に支障のある障害物(例:床面の凹凸、飛び出した配管、埋設されている配線等)の無い事を確認し、平らな面を確保して下さい。
※障害物上に設置する場合は、特殊加工及び附帯工事が必要となります。

(2)ベース板の設置

設置基準点の位置を決め、ベース板の組立を行います。

設置基準点を決める時は、基準面を決めてからコンポルーム本体の1面を決めるポイントを2点マーキングしてください。ベース板の組立は、仮置きをして四角くなる様に並べた後、コーナーを仮締めの上、直角になっている事を確かめてから本締めしてください。

(3)コーナーの組立

ベース板上の各支柱位置と取付支柱の種類を確認します。
コーナー支柱を立て、横桟(下部用)のセットをしてください。
パネルの上端に横桟(連結用)をはめ込み、支柱のガイド溝にパネルコーナーの突起を合わせ、下方にパネルをスライドしてはめ込みます。コーナーパネル押さえで固定します。

横桟を取り付ける時は上下の向きに注意し、パチンと音がして外れなくなるまではめ込んで下さい。

四方コーナーの丸凸の突起が外側を向くように取り付けて下さい。

横桟部分が支柱溝にかみ合わない様にして下さい。

支柱取り付けの際、支柱が倒れないように補助の人に手を添えてもらうか、つっかい棒を使用して下さい。

(4)直線連結部の組立

パネルの連結部に、連結支柱を金具に合わせて差込み、下部用の横桟を置きます。
連結用の横桟をパネルの上部に取り付け、パネルを支柱にそってはめ込みます。
左右のパネルを連結パネル押さえで固定します。

横桟は上下間違わないように気をつけてください。

ドア部の両サイドのパネル押さえのみドア枠設置後に取り付けますのでここでは取り付けないで下さい。

(5)ドア閉口枠の取付

パネルが2段目まで付いたらドア枠支柱を取り付けて下さい。
セットされたドア枠と縦枠のトメ切り(45°カット)された部分を合わせ両端の留め穴より支柱にビス止めし固定して下さい。

ドア縦枠は45°カットされた方が上側になるように支柱溝にパチンと音がするまではめ込んでからビス止めして下さい。

(6)ランマパネルの取付

支柱に沿って上部へスライドするように、垂直にして2段目の上部の横桟にはめ込みます。
パネル押さえを支柱に沿ってスライドし上部梁取付金具の内側に差し込むようにして取付ます。ランマパネル上端に上部調整チャンネルをかぶせます。

(7)天井部の取付

天井梁・天井補助梁の順に取付ます。
各支柱間に天井アングルをビス止めし支柱上部を連結させます。端部パネルはパネル押さえに差込み、パネル位置を決めてからビス止めします。中間部パネルは一度天井パネル押さえを外し、端部パネル同様天井パネルに差込み、位置決めした後再び外した天井パネルを取付けパネルを押さえます。上部アングル側のパネル端部をビス止めして下さい。

上部アングルよりのチリを確認してください。約6mm内側に揃えてください。

(8)ドア閉口枠の取付

縦枠にセットされた丁番取付穴にドア本体に取り付けられた丁番の穴を合わせセットしたビスで固定して下さい。



株式会社エーディエフ トップへ